忍者ブログ
ネットワークセキュリティやってます。技術よりも趣味と雑談が多めのブログです。最近はオンライン英会話にはまっています。

2017-06

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 9
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/10 メモリ]
[07/24 hechtia]
[06/23 Stream.T]
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索

プネ市外の旅行はグループ行動が原則なので、今日のムンバイ日帰りはKさんと一緒に行くことになった。7時にホテルから出発してリキシャでプネ駅前の長距離バスターミナルまで20分ぐらいかかる。リキシャから降りるといろんな呼び込みに遭遇するが無視してまっすぐチケットカウンタへ向かえば正規の値段でチケットが買える。エアコン付きのバスはプネからムンバイのDadar駅までの片道は355ルピーでした。Dadar駅のバスターミナルに到着するとすぐに一人のタクシードライバーが近寄ってきた。基本的に言い寄って来るのは拒否しているが参考までに値段を聞いてみたらメーターで走ると言うのでためしに乗車した。車内にメーターらしきものがないので聞いてみたら車外に黒い箱があってそれがメーターと教えてもらったがまったく数字が見えない。手元にiPhoneがあるので凡その距離は知ることができる。大きな嘘ではなかったら多少の被害は不問にするつもりでしたが、着いてみたら心配されていたことはなかった。
 
SSC_0297.JPGSSC_0298.JPGSSC_0299.JPG

11月から2月のムンバイは乾季で比較的過ごしやすい季節となっているが、避暑地とされているプネよりも暑い。市内中心の道路はきれいに整えており、歩行者用の信号も主要な交差点にある。植民地時代の名残もあって西洋風の建物も多く、一見してインドではない町並みのように見える。このような立派な建物から少し離れた路地に入るとホームレスや物乞いの子供もいるのがムンバイの街である。一番印象に残ったのは、貴族のようなサリーを纏ったインド貴婦人が出入りするマハラジャホテルから道路一つ向こうに観光客からお菓子を物乞いをする少女がいるというリアルな現実を目にしたことである。もともとマハラジャホテルはイギリス人に差別されてインド人でも入れるホテルを作るために建設された聞く、たしかに今は誰でも入れるが格差が壁となってそれを阻んでいる。

SSC_0300.JPGSSC_0301.JPGSSC_0302.JPG
 
ムンバイテロからちょうど4年目を迎えたこの時期はインド門、マハラジャホテルだけでなくマハラジャホテル裏のスターバックスに入るにも手荷物検査が必要である。ムンバイ随一の観光スポットだけあって見渡す限り人の海となっている。インド門とマハラジャホテルの写真を撮ったあとにシティホール方面へ向い、個人的に一番行きたかったスターバックス1号店に行ってみた。お店は古い建物を改造した作りで周囲と調和している。高級ドリンク屋なので当然ここもドアマンが存在する。店内は2階作りでフロアも大変広く空間を実感させるお店である。現時点ではオリジナルタンブラはなく通常のタンブラとマグカップしかなく、裏側にMade in Thailandと書いてある。商品の注文方法は他の国と少し違う。
■インドスタバの注文プロセス
① 店員Aに欲しい飲み物をオーダーする、その際名前を記載した紙をもらう
② 店員Bに①で名前を書かれた紙を渡して支払いをする
③ 店員Cがオーダーされた飲み物を作る
④ 店員Dが名前を呼んで飲み物を手渡ししてくれる
以上のプロセスのようにインドでは名前を記載された紙があるのは諸外国と大きく違う点だ。備品は世界共通で違いはなかった。トイレはとてもきれいでトイレに困った場合に何かを注文して利用できる。フリーの無線LANもあるが使うには店員にパスワードを教えてもらう必要がある。今はムンバイにしか店はないがデリー、バンガロールなど大都市を中心に展開してくそうだ。1杯のお値段はインド人大好きなチャイよりも30倍高いが裕福層も多いインドでは高い需要がある。
 
SSC_0303.JPGSSC_0304.JPGSSC_0305.JPG

ムンバイの裏路地を歩くとあっちこっちで子供から大人まで場所を気にせずにクリケットに夢中になっている。ボールはアパートの壁、樹木、車などに当たってイレギュラーにバウンドし、そのボールをストリートクリケット選手らが必死に追いかけている。道路向こう側も立派なプレイヤードとなっていてどの方向へボールが飛んでいったとしてもしっかりとキャッチされる。2次元の面積が足りなければ3次元の空間を利用してクリケットを楽しむのはムンバイスタイルだ。

SSC_0306.JPGSSC_0307.JPGSSC_0308.JPG

次に海岸が美しいマリンドライブに沿って北上して世界遺産のビクトリア駅を経由して再びインド門に戻った。マリンドライブは昼にそんなに人はいないが夜景がきれいのが有名なので夜になるとムンバイのいけてるナイトスポットとなり観光客、カップル、スケートする子供など人がわんさか沸いてくる。インド門の船場から1時間程度の距離にエレファンタ島があり、島にある石窟寺院はムンバイで有名な観光地の一つで世界遺産でもある。石窟寺院自体は15分もあれば全て見終れる。寺院までの道は広いわけではなく、人の他に牛も通るので牛渋滞は発生する。神聖とされる牛ではあるがここでは邪魔者扱いされインド人が容赦なく牛を叩いて追い払っていた。丘では牛のほかに犬、ヤギ、猿、鶏、七面鳥との遭遇を楽しみながら坂を登ることができる。
 
SSC_0309.JPGSSC_0310.JPGSSC_0311.JPG
SSC_0312.JPGSSC_0313.JPGSSC_0314.JPG

今回は時間がなかったので巨大洗濯洗い場のドービーガート、ショッピングエリア、いくつかの有名な寺院には行けなかったが時間をみつけて再度訪れてみたい。1日だけの滞在でしたがムンバイは他の大都会と違って新と旧、裕福と貧困、整頓と混沌がそれぞれ互いに干渉せずに共存している場所と感じた
 

 
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
著書




プロフィール
HN:
ぜん吉
性別:
男性
職業:
割と自由なリーマン
趣味:
海外出張
自己紹介:
2006年のCCNA合格を皮切りにCCIE-RSを含めて数々のシスコ資格をパスし、2009年に念願の海外受験(ドバイ)でCCIE-SCを取得。そして、2010年に目標だったトリプルCCIEを香港の地にて達成した。今はネットワークセキュリティやデータ分析などをやっています。

■2006年の目標
CCNA(達成)

■2007年の目標
CCNP(達成)
CCDA(達成)
CCDP(達成)
CCIP(達成)

■2008年の目標
CCSP(達成)
CCIE-RS(達成)
TOEIC700点(達成)

■2009年の目標
CCIE-Sec(達成)
TOEIC800点(達成)
JNCIA-JUNOS(達成)

■2010年の目標
JNCIA-M(達成)
CCIE-SP(達成)
JNCIS-M(達成)
JNCIA-EX(達成)
JNCIS-SEC(達成)

■2011年の目標
異動(未達成)

■2012年の目標
異動(未達成)
TOEIC850点(達成)

■2013年の目標
異動(達成)
CCIE更新(達成)

■2015年の目標
本を出す(達成)

■2017年の目標
TOEIC900(達成)

■2018年の目標
海外勤務








英会話







忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様. . . .