忍者ブログ
ネットワークセキュリティやってます。技術よりも趣味と雑談が多めのブログです。最近はオンライン英会話にはまっています。

2017-10

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[05/10 メモリ]
[07/24 hechtia]
[06/23 Stream.T]
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
TE quiz, here we go !

Q1.
Name the advanteges of MPLS traffic engineering

Q2.
What are the components of MPLS traffic enginnering?

Q3.
What are the attributes of the links enablefor traffic enginnering?

Q4.
Name the 6 ways how you can forward ip traffic onto a TE tunnel

Q5.
Name 4 kind of path options you can specify

Q6.
When you have an MPLS VPN network and TE tunnels that do not always have the PE routers as head/tail end routers, what do you need to have?

Q7.
What is the LSR that is the head end router of a backup tunnel called?

Q8.
Why do you need a link-state routing protocol for MPLS TE?

Q9.
What is the feature called that has the IGP advertise TE tunnels as links?

Q10.
How does the head end LSR of a TE tunnel knows that the tunnel is fast rerouted over a backup tunnel?

------------------------------------------

A1.
- sttering traffic so that all links in the network are used optimally
- routing traffic around hostspots in the network
- fast rerouting traffic around link and node failures

A2.
- OSPF or IS-IS with TE extensions enalbed
- RSVP
- Link attributes
- TE tunnel attributes

A3.
- maximum reservable bandwidth
- attribute flags
- TE metric

A4.
- static route
- policy-based routing
- forwarding adjacency
- autoroute announce
- direct mapping of AToM traffic onto TE tunnels
- CBTS

A5.
- explicit
- explicit with exclude address
- explicit with loose next address
- dynamic

A6.
- LDP enabled on the links
- LDP targeted session on the TE tunnel if the tail end router is a P router

A7.
the point of local repair(PLR)

A8.
to know the attributes and available bandwidth of all links

A9.
forwarding adjacency

A10.
receiving a PathErr message from the PLR, indicating that local repair is active
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
著書




プロフィール
HN:
ぜん吉
性別:
男性
職業:
割と自由なリーマン
趣味:
海外出張
自己紹介:
2006年のCCNA合格を皮切りにCCIE-RSを含めて数々のシスコ資格をパスし、2009年に念願の海外受験(ドバイ)でCCIE-SCを取得。そして、2010年に目標だったトリプルCCIEを香港の地にて達成した。今はネットワークセキュリティやデータ分析などをやっています。

■2006年の目標
CCNA(達成)

■2007年の目標
CCNP(達成)
CCDA(達成)
CCDP(達成)
CCIP(達成)

■2008年の目標
CCSP(達成)
CCIE-RS(達成)
TOEIC700点(達成)

■2009年の目標
CCIE-Sec(達成)
TOEIC800点(達成)
JNCIA-JUNOS(達成)

■2010年の目標
JNCIA-M(達成)
CCIE-SP(達成)
JNCIS-M(達成)
JNCIA-EX(達成)
JNCIS-SEC(達成)

■2011年の目標
異動(未達成)

■2012年の目標
異動(未達成)
TOEIC850点(達成)

■2013年の目標
異動(達成)
CCIE更新(達成)

■2015年の目標
本を出す(達成)

■2017年の目標
TOEIC900(達成)
TOEIC950(達成)

■2018年の目標
海外勤務








英会話







忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様. . . .