忍者ブログ
ネットワークセキュリティやってます。技術よりも趣味と雑談が多めのブログです。最近はオンライン英会話にはまっています。

2017-11

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[05/10 メモリ]
[07/24 hechtia]
[06/23 Stream.T]
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
MPLSには2種類のモードがあります。
・Frame mode
・Cell mode
MPLS勉強初めのごろはどうもCell modeがよく分からず、理解しやすいFrame modeのみ勉強していた記憶があります。でも残念なことにOEQもラボも両方のモードが問題として出題されるから苦手Cell modeから逃れることはできませんから!

では、この2つの違いについてを書いてみる

・Frame mode
 IPヘッダのようなL3ヘッダの前にラベル付けることを指す
 ラベルは20bitの空間を持つ
 複数のラベルを重ねることができ、これをラベルスタックとよぶ
 
・Cell mode
 ATM LSRがATMシグナリングを使用する代わりにMPLSのControl PlaneでVPI/VCI情報を交換することを指す
 ATMセルのVPI/VCIがラベルとして代用
 Ingressルータでパケットを分割後、適切なVPI/VCI付与してATMセルとして流す
 中間ATM LSRはATMスイッチみたいにVPI/VCIを見てセルの行き先を振り分ける
 

また、ATMスイッチはコア網内でLSRとして動きます。この時に、ATMスイッチはFrame modeとCell modeの両方に対応している。
Frame modeとして動作するときは、PVCでaal5snapのようなIPoATM通信を行う。一方、Cell modeとして動作するときは、IGPやらTDP/LDPが動いている状態で、Control PlaneでVPI/VCI情報を交換する。

何を言いたいのかというと、ATMスイッチはコア網内において必ずしもCell modeとは限らないということ。LSR同士でPVC形成後、PVCの先端LSRに到着したパケットにシムヘッダ挿入してMPLSパケットを生成、生成されたMPLSパケットをATMセルセグメント化してPVCへ流す。そしてPVCの終端LSRに到着したATMセルを再度組み立てして元のMPLSパケットに戻す。このようにシムヘッダ挿入していることからCell modeではなくFrame modeとなっているわけです。ATMなのにFrame modeって変と思われるかもしれませんが。。。

OEQで聞かれそうなことは、
1.MPLSの2つのモードを言え!
2.MPLS Frame modeの特徴を言え!
3.MPLS Cell modeの特徴を言え!
ぐらいでしょうか。


PICT0036.JPG






何コレ?@香港のどっか

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
著書




プロフィール
HN:
ぜん吉
性別:
男性
職業:
割と自由なリーマン
趣味:
海外出張
自己紹介:
2006年のCCNA合格を皮切りにCCIE-RSを含めて数々のシスコ資格をパスし、2009年に念願の海外受験(ドバイ)でCCIE-SCを取得。そして、2010年に目標だったトリプルCCIEを香港の地にて達成した。今はネットワークセキュリティやデータ分析などをやっています。

■2006年の目標
CCNA(達成)

■2007年の目標
CCNP(達成)
CCDA(達成)
CCDP(達成)
CCIP(達成)

■2008年の目標
CCSP(達成)
CCIE-RS(達成)
TOEIC700点(達成)

■2009年の目標
CCIE-Sec(達成)
TOEIC800点(達成)
JNCIA-JUNOS(達成)

■2010年の目標
JNCIA-M(達成)
CCIE-SP(達成)
JNCIS-M(達成)
JNCIA-EX(達成)
JNCIS-SEC(達成)

■2011年の目標
異動(未達成)

■2012年の目標
異動(未達成)
TOEIC850点(達成)

■2013年の目標
異動(達成)
CCIE更新(達成)

■2015年の目標
本を出す(達成)

■2017年の目標
TOEIC900(達成)
TOEIC950(達成)

■2018年の目標
海外勤務








英会話







忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様. . . .