忍者ブログ
ネットワークセキュリティやってます。技術よりも趣味と雑談が多めのブログです。最近はオンライン英会話にはまっています。

2017-06

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 9
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/10 メモリ]
[07/24 hechtia]
[06/23 Stream.T]
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索

7012f6ab.jpgCCIE SPでよく使われるユニキャストのルーティングプロトコルはBGP、OSPF、ISISで、その他RIP、EIGRPもあるが頻度は低い。BGPは圧倒的だが、IGPで言えばOSPFとISISが2大勢力で甲乙つけ難し!

ISISをマスターしていずれどこかのタイミングで記念に実網に組み込んでやるw

そんなわけで、比較的よく使うshow isis databaseについてまとめてみた。

出力例は以下の通り。


R2#show isis database
 ISIS Level-1 Link State Database:
 LSPID         LSP Seq Num  LSP Checksum  LSP Holdtime    ATT/P/OL
 R1.00-00      0x0000008B   0x6843        55              0/0/0
 R2.00-00    * 0x00000083   0x276E        77              0/0/0
 R2.01-00    * 0x00000004   0x34E1        57              0/0/0
 R3.00-00      0x00000086   0xF30E        84              0/0/0
 ISIS Level-2 Link State Database:
 LSPID         LSP Seq Num  LSP Checksum  LSP Holdtime    ATT/P/OL
 R1.00-00      0x00000092   0x34B2        41              0/0/0
 R2.00-00    * 0x0000008A   0x7A59        115             0/0/0
 R2.01-00    * 0x00000004   0xC3DA        50              0/0/0
 R3.00-00      0x0000008F   0x0766        112             0/0/0


LSPID(Link State Packet Identifier)
・それぞれのLSPを識別する番号
・LSP IDは次のような3つで構成されている
 ・System ID(6Byte)
 ・Pseudonode ID(1Byte)
 ・LSP Number(1Byte)
System IDはNSAPアドレス内のアレ。Pseudonode IDはDISが生成するLSPの時にのみnon zeroで、普通のルータから生成するLSPは0。LSP NumberはLSPがフラグメントした場合の通番。
「R2.01-00」を例で言うと、R2がSystem ID、01がPseudonode IDでこの場合non zeroだからこのLSPはDISが生成したPseudonode LSPとなる。そして最後の00はLSP Numberで0で、1がないのでこのLSPはフラグメントされていないことを示している。

LSP Seq Num(Link State Packet Sequence Number)
・LSPシーケンス番号(32bit)
・LSPが更新される度に1加算され、番号レンジは0~2^32-1。
LSPの最小refresh intevalは30sec(Default is 15min)を使えば最低でも4000年間LSP Seq Numが増え続けることができる!じゃルータが4000年以上続けてLSPを更新し続けたらどうするんだ?という心配も無用。その対応はISO10589に書いてあるからそれを見てくれ。私はそこまで生けれないから見ません。

LSP Checksum
・LSPの整合性を確保するためのチェックサム
・LSPを生成するルータで計算し、他のルータへ投げる。ダウンロードしたファイルが改ざんされていないかをチェックするためのMD5チェックみたいなもの。

LSP Holdtime
・LSPの残り時間
・LSPの命は20minですが、Refreshで延命することができる。ちなみにOSPFのLSAの命は30min。

ATT(Attached Bits)
・L1/L2ルータが自分が接続しているL1エリアのルータたちへ自分が他のエリアへ繋がっているよと教えるためのビット。
・ATTbitはL1とL2の両方のLSPにあるが、使うのはL1のLSPの方がだけ。
・さらにバックボーンエリアがどのような状態を示すmetric typeも4種類がある。それぞれ、Default、Delay、Expense、Errorであるが、IOSではDefaultのみサポート。

P(Partition Bit)
・これはIOSでサポートしていないのであまり試験に関係ない。
・何をするものかを簡単にいうとL2エリアにL1のバックアップリンクを作るものらしい。どうせ試験に出ないからよく知らん!

OL(Overlaod Bit)
・ルータの負荷状況を表すビット
・このLSPのビットが立ったとき、LSPのリフレッシュ及びSPF計算はされなくなる
・手動で無理やりビットを立たせることもできる。set-overload-bitでね。


 ラボの進捗 180Labs done
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
overload について
is-is ospf overload で検索してきました。

いきなりでごめんなさい、1つ質問してもよろしいでしょうか?
overload とは何でしょうか?

overload を明示コンフィグされてるルータでは
IGPが停止した時に周りのルータが混乱しない為にあらかじめ overload を周知している、といったニュアンスで宜しいのでしょうか?
かわむら 2010/07/25(Sun)04:59:21 編集
Re:overload について
>is-is ospf overload で検索してきました。
>
>いきなりでごめんなさい、1つ質問してもよろしいでしょうか?
>overload とは何でしょうか?
>
>overload を明示コンフィグされてるルータでは
>IGPが停止した時に周りのルータが混乱しない為にあらかじめ overload を周知している、といったニュアンスで宜しいのでしょうか?

そんな感じのような気がしないもありません。。。
【2010/07/30 21:41】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
著書




プロフィール
HN:
ぜん吉
性別:
男性
職業:
割と自由なリーマン
趣味:
海外出張
自己紹介:
2006年のCCNA合格を皮切りにCCIE-RSを含めて数々のシスコ資格をパスし、2009年に念願の海外受験(ドバイ)でCCIE-SCを取得。そして、2010年に目標だったトリプルCCIEを香港の地にて達成した。今はネットワークセキュリティやデータ分析などをやっています。

■2006年の目標
CCNA(達成)

■2007年の目標
CCNP(達成)
CCDA(達成)
CCDP(達成)
CCIP(達成)

■2008年の目標
CCSP(達成)
CCIE-RS(達成)
TOEIC700点(達成)

■2009年の目標
CCIE-Sec(達成)
TOEIC800点(達成)
JNCIA-JUNOS(達成)

■2010年の目標
JNCIA-M(達成)
CCIE-SP(達成)
JNCIS-M(達成)
JNCIA-EX(達成)
JNCIS-SEC(達成)

■2011年の目標
異動(未達成)

■2012年の目標
異動(未達成)
TOEIC850点(達成)

■2013年の目標
異動(達成)
CCIE更新(達成)

■2015年の目標
本を出す(達成)

■2017年の目標
TOEIC900(達成)

■2018年の目標
海外勤務








英会話







忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様. . . .