忍者ブログ
ネットワークセキュリティやってます。技術よりも趣味と雑談が多めのブログです。最近はオンライン英会話にはまっています。

2017-09

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/10 メモリ]
[07/24 hechtia]
[06/23 Stream.T]
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
Part5は文法問題です。旧形式は40問だったが、今は10問減って30問となっています。問題数は減ったが、出題内容と難易度に変化は見られません。

TOEIC900点以上を目指すなら、30問を10分で完答できるように練習することです。つまり、1問につき20秒のペースを維持することです。問題を解くときは、常にストップウォッチで時間を測るようにしましょう。そうすることで、体で保つべきペースが分かるようになります。

理想の解答スタイルは、問題全文を意味をちゃんと理解しながら高速で読むことです。しかし、これができるようになるには語彙力が不可欠です。単語が分からなくても一応最後まで読んでみましょう。難しい単語に出会うと読む気がなくなるが、選択肢は意外と簡単だったりします。

普段練習に使う問題は、やはり公式問題集が一番です。できれば旧型式の問題集も手に入れて、問題のパターンをできるだけ増やしましょう。その次に市販の問題集を買いましょう。おすすめの市販問題集は「でる1000問」です。3周すればいやでも8割以上を正解できるようになります。


PR
前回と同じ点数でしかもLもRもまったく同じ点数でした。前回の試験から毎日3時間以上勉強しましたが、点数に反映されませんでした。900点の目標をすでに達成したので、今後よほどのことがないかぎりもうTOEICを受けることはないでしょう。

短い聞き取り問題は、とにかく集中することです。一字一句漏らさずに聞き取れるかが勝負です。

新形式になってからPart2が格段に難しくなりました。どう難しくなったかというと、Bさんが「まじめ」に回答しないからです。たとえばこんな感じの問題が出ます。

A 空港へ行くにはバスと電車のどっちがいい?
B 自分の車で行く。

この例はまだやさしい方で、実際の試験ではもっと煩わしい回答に遭遇します。昔のTOEICでは、5W1Hさえ聞き取れれば回答できたのだが、今はそのような簡単な問題は大分少なくなりました。

対策方法として、他のパートと同じで多くのパターンをインプットすることです。勉強のスタイルはディクテーションがおすすめです。すべての単語を漏らさずに聞き取れるまで繰り返し練習をします。聞き取れなかった単語をマークして、集中してリスニングをします。あと自分の口から発音してみるのもいいでしょう。

Part2でおすすめの参考書は、古いですが、イクフンの極めろリスニングです。Part2だけでも400パターンがあるので、かなりの練習になるとおもいます。




あとオンライン英会話のNativeCampのTOEICレッスンもよかったです。NativeCampのおかげでどのように聞き取りの練習をするのかを学ぶことができました。DMM英会話と比べ、厳しい先生が多いのでビシビシと鍛えられます。(たまに萎えますけど・・・)

たいていの受験者は、時間内にTOEICの長文を解けることができず、結局最後は「塗り絵」してしまいます。新形式の長文は、文章難易度は前と同じですが読む量は明らかに増えました。私の場合、以前は試験終了10分前に全問解答できたが、新形式では3分しか余らせません。

リーディングで450点以上とるには、文法9割の正解に加え長文の時間内での全問解答が必要です。
では、自分が取り組んだパート7(長文問題)の練習方法のいくつかを紹介します。

・時間測定は常に行う
 長文は時間との勝負。問題ごと時間を測定する。

・初見問題は1問1分を常に意識する
 選択肢で迷うなら、適当に塗ってさっさと次へ進む。1問1分のリズムを崩すべからず。

・復習時は1問30秒以下で解けるように繰り返し練習する
 このぐらいのスピードに達成できたら本番でギリギリ時間内に全問解答できるようになる。

・単語力強化
 自分の場合、模試20回分に登場する全単語を漏らさずに暗記した。
 TOEICに出現する単語は実に限られているので1個1個つぶせば確実に読めるようになる。

・第1段落を確実に理解する
 第1段落に文章の目的が書かれているので、少しゆっくりでもいいから確実に理解する。

・問題パターンを増やす
 TOEICの長文は限られた問題パターンなので多くの模試を解く。最低10以上!
 問題パターンが分かると読むスピードも速くなります。

・文章が難しくても決して立ち留まらない
 小説、新聞関連の問題は難しく、ゆっくり読んでも全部理解できないこともある。
 内容が難しくても決して1問1分のリズムを崩さずに最後まで読み進む。
 文章が難しくても問題は意外と簡単だったりするので、ざっくり理解できれば解ける。

・あきらめる勇気
 時間のかかる難しいNOT問題や複数の文章を跨ぐ問題は潔く捨てる。
 とはいっても捨てすぎると高得点を狙えないので、できれば2問以下にしておきたい。

・日々の地道な努力
 急に読む速度は上がらないので、毎日コツコツ読むしかない。
 TOEICの点数だけを狙うなら、模試の長文だけを読めばよい。
TOEIC850点から905点までの勉強時間はどれぐらいかをざっくり計算してみました。

・オンライン英会話(直近3ヶ月間)
110時間

・iKnow(単語暗記アプリ)(直近3ヶ月間)
180時間

・イクフンシリーズ(直近1ヶ月間)
40時間

・韓国模試(直近1ヶ月間)
50時間

★合計
380時間

このサイトによれば、800点から900点に伸ばすには1点につき勉強時間4時間とあります。
この計算式に従うと、850点から905点に達成するには55 X 4 = 220時間が必要です。
ご存知のようにTOEICの勉強と英語の勉強はまったく別物なので、オンライン英会話とiKnowは直接TOEICの点数を伸ばす勉強ではありません。純粋な英語の勉強でTOEICの点数を伸ばそうとすると、1点につき倍の8時間以上の勉強勉強が必要になりそうです。

周知の事実ですが、TOEICの点数を上げたければ模試をガンガン解けばいいです。本当それだけです。そして、目標の点数に達したらさっさとTOEICを卒業して本当の英語の勉強をすることです。
著書




プロフィール
HN:
ぜん吉
性別:
男性
職業:
割と自由なリーマン
趣味:
海外出張
自己紹介:
2006年のCCNA合格を皮切りにCCIE-RSを含めて数々のシスコ資格をパスし、2009年に念願の海外受験(ドバイ)でCCIE-SCを取得。そして、2010年に目標だったトリプルCCIEを香港の地にて達成した。今はネットワークセキュリティやデータ分析などをやっています。

■2006年の目標
CCNA(達成)

■2007年の目標
CCNP(達成)
CCDA(達成)
CCDP(達成)
CCIP(達成)

■2008年の目標
CCSP(達成)
CCIE-RS(達成)
TOEIC700点(達成)

■2009年の目標
CCIE-Sec(達成)
TOEIC800点(達成)
JNCIA-JUNOS(達成)

■2010年の目標
JNCIA-M(達成)
CCIE-SP(達成)
JNCIS-M(達成)
JNCIA-EX(達成)
JNCIS-SEC(達成)

■2011年の目標
異動(未達成)

■2012年の目標
異動(未達成)
TOEIC850点(達成)

■2013年の目標
異動(達成)
CCIE更新(達成)

■2015年の目標
本を出す(達成)

■2017年の目標
TOEIC900(達成)

■2018年の目標
海外勤務








英会話







忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様. . . .