忍者ブログ
ネットワークセキュリティやってます。技術よりも趣味と雑談が多めのブログです。最近はオンライン英会話にはまっています。

2017-11

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[05/10 メモリ]
[07/24 hechtia]
[06/23 Stream.T]
アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
fc020a47.jpeg00883105.jpeg373b94c8.jpeg
b8252cde.jpegIMG_1635.JPGecb2781b.jpeg
ceebad2d.jpegae8957e4.jpegIMG_1634.JPG

昨晩泊ったのは市内中心部にあるHotel Mount Residencyというホテル、マウントロードの脇道の脇道に位置していたため見つけることはできず近くの店の人に尋ねてようやく辿りつけた。 インドでは人に尋ねるにしても身だしなみが整っている人やインテリ眼鏡君に尋ねれば英語が通じる可能性が大きい。この時もそうで、店先の若者は英語が分からず、奥のキャッシュカウンタに座っているボスが道を教えてくれた。ホテルの部屋は1泊1000ルピーでエアコンも付いてて寝床も快適でした。しかし雨季のせいか蚊が多くて10箇所ぐらい刺された。高級ホテルじゃないので当然ながらトイレットペーパーなどはなくインドでよく見かける手動ウォッシュレットと不浄の左手を使って用を足した。
 
チェンナイ2日目の今日は市内観光である。まずは徒歩でエグモア駅へ向かい、そこからフォートセントジョージ最寄りのフォート駅までは郊外列車を使った。運賃はとても安くたったの4ルピーである。午後にMRTSにも乗ったが見た感じだと、9割以上のインド人は切符を買ってない。駅ホームも抜け穴だらけでどこからでもプラットホームに入って来られる。ホームからホームへの移動は橋はあるが、ショートカット大好きインド人はホームから降り線路を歩いてわたるのである。折角なので私もインド人右倣えで人生初のホームショートカットをした。日本だったら警察沙汰となり会社からは懲戒解雇されて社会から抹消されるような行為ではあるが、ここインドならやり放題だ。インドも法律があるのできっと本来はいけないとおもうけど交通ルールと同じで実情はまた別な話となっている。
 
フォート駅の北にジョージタウンという古市街のエリアがあり、見所は最高裁判所の建物ぐらいでスラム街大好きの人は隅々まで行くとよい。フォート駅から直線的にフォートセイントジョージまでのルートは軍に封鎖されているので迂回しないといけない。フォート(砦)と言っているぐらいだから城跡マニアがよろこぶ観光地と期待していくとかなりがっかりすることであろう。基本的に敷地内の要塞博物館が唯一の観光ポイントと考えていい。1階左は軍服、剣、斧、弾丸、銃、小型大砲、コインなどで右には陶磁器、フォートの模型などが置かれている。2階左はなぜか世界の観光地の写真だけで、右は英国王や女王などの油絵が飾られている。床はなぜかねばねばしていて気持ち悪かった。展示品は少なく100ルピーの入場料を払ってまで来るようなところなのかは非常に微妙でした。
 
次にマリーナビーチまで行こうとバスを待っていたら、一人のリキシャドライバーが50ルピーで行くと言うのでリキシャに乗った。そしたらドライバーから5箇所の観光地を全部回って100ルピーと提案され、このリキシャは“ガバメント(政府)”だから安いのだよと周遊をしつこくすすめてくる。南インドではあまりないが、デリーで悪名高い“ガバメント騙り商法”にここで出会うとは思わなかった。どうせ最初は安く思わせて偽ガバメントの事務所に連れて行かれ法外なツアーを組まされる手口だろう。インドでの旅行被害をたっぷり事前学習した俺はそう簡単に騙されない。この場合わざと怒ったように“オンリーマリーナビーチ!”を連呼すると相手もしかたなく一番近いビーチサイドまで走ってくれた。でもマリーナビーチは5キロと世界一長いビーチで自分が行きたい地点が2キロ先でもう少し走れと言ったら、一旦着いたからこの先は別料金が必要と言ってリキシャを発進しようとした瞬間にリキシャから飛び降りて握っていた50ルピーを投げつけてさっさとその場から離れた。
 
“ガバメント”リキシャから降りたあとはずっと歩きでマリーナビーチ、サントメ教会、カバレーシュワラ寺院の順に回った。特記すべきこととしては、地球の歩き方に載っているカバレーシュワラ寺院の地図位置が違っていることで、地図上のマークは実際にSri Ramakrishna Universal Templeの位置である。カバレーシュワラ寺院の約40メートルの高さのドラヴィタ様式の門は遠くからでも一目で分かるので地図がなくても見つかることができる。ここから空港まではリキシャで150~200ルピーぐらいはかかるだろうが、悪いインド人のせいでリキシャマーケットにマネーを注入する気にならなくて最寄りのTirumailai駅からフォート駅乗換えで空港の最寄り駅のTirusulam駅まで8ルピーで移動したインド人は電車を待っているときはホームギリギリなまで立っていて、車内でも混んでないにもかかわらず開けっ放しのドアから身を半分乗り出すなど人生もスパイシーそのもののようだ。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
著書




プロフィール
HN:
ぜん吉
性別:
男性
職業:
割と自由なリーマン
趣味:
海外出張
自己紹介:
2006年のCCNA合格を皮切りにCCIE-RSを含めて数々のシスコ資格をパスし、2009年に念願の海外受験(ドバイ)でCCIE-SCを取得。そして、2010年に目標だったトリプルCCIEを香港の地にて達成した。今はネットワークセキュリティやデータ分析などをやっています。

■2006年の目標
CCNA(達成)

■2007年の目標
CCNP(達成)
CCDA(達成)
CCDP(達成)
CCIP(達成)

■2008年の目標
CCSP(達成)
CCIE-RS(達成)
TOEIC700点(達成)

■2009年の目標
CCIE-Sec(達成)
TOEIC800点(達成)
JNCIA-JUNOS(達成)

■2010年の目標
JNCIA-M(達成)
CCIE-SP(達成)
JNCIS-M(達成)
JNCIA-EX(達成)
JNCIS-SEC(達成)

■2011年の目標
異動(未達成)

■2012年の目標
異動(未達成)
TOEIC850点(達成)

■2013年の目標
異動(達成)
CCIE更新(達成)

■2015年の目標
本を出す(達成)

■2017年の目標
TOEIC900(達成)
TOEIC950(達成)

■2018年の目標
海外勤務








英会話







忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様. . . .